啓世会について

啓世会とは

啓世会( けいせいかい )とは、早い話が新生佛教の分派である。( 語句説明のページもご覧下さい )
数年前に秋本先生と高尾先生が除名されたり、他の先生方や信者たちが大量に辞めて新生佛教は今ガタガタしているのは新生佛教信者ならご存知の事と思うが、その除名された秋本先生や自らの意思で辞めて行った他の先生方や信者たちが立ち上げた団体がこの啓世会である。
今回のゴタゴタで新生佛教を辞めて行った者のほとんどがこの啓世会にいるらしい。
それでもまだ新生佛教信者の方が多いと思われるが、啓世会も新生佛教と同じように50年も経つ頃には、その信者数は逆転していると思われる。( 新生佛教教団は潰れている可能性もある )
何故なら、ちゃんと普通に思考回路が働いている者なら明らかに啓世会の方がまともであり、啓世会に移る事は至極当然の成り行きだからである。( 啓世会がまともと言うより新生佛教教団がおかし過ぎるだけなんだが )
いや、宗教を熱心に信仰している者のほとんどは洗脳されて思考回路が停止し周りが見えなくなっているバカばかりだから逆転しないかも。
鈍感な人の為にハッキリ言っておくが、未だに新生佛教教団に残っている者たちは洗脳されて思考回路が停止しているバカの集まりにしか見えないと言っている。
ちなみに管理人もこの啓世会で勉強してみようかと思っている。
管理人が啓世会で勉強してみようかと思っている理由は色々とあるのだが、御遷主様はその昔、新生佛教は2つに分かれる時が来るという説法をしていたそうだ。
その時期が今来ているという事だし、まあ早い話が新生佛教と何処がどう違うのかなど管理人の単なる興味本位も理由の1つである(笑)
ここで管理人の親の名言をご紹介しよう。
神佛には帰依させて頂くが新生佛教教団には帰依する気になれん。
名言だと思わないか?(笑)
もちろん管理人も同意見である。
と言っても、管理人の場合は神佛に帰依するかどうかはともかく、新生佛教教団に帰依する気になれないのは確か。
そもそも、あんな根本的におかしい事だらけの教団に帰依する気になる方がどうかしている。( まさに洗脳の賜物 )
ついでに管理人の名言もご紹介しよう。
自分で名言と言うのもなんだが。
宗教団体は、ロボット製造工場。
名言だろ?(笑)
それにしても、新生佛教の分派を作るのは良いとしても名称に『会』を付けないで欲しかったのだが。
創価学会や顕正会など名称に『会』が付いている宗教団体にロクな所は無いし。
顕正会(けんしょうかい)と啓世会(けいせいかい)ってなんか似てない?(笑)
まあとにかく、いずれ東京の青梅道場に行ってみるつもりでいるが、また何か分かり次第お伝えしたいと思う。

* 啓世会の公式ホームページはこちら


↑ ページ先頭へ ↑

気になる点

・ 経典について (啓世会では教本)

  新生佛教では『信仰の指針』と言うが、啓世会では『新教』と言う。
  新教とは、読んで字の如く新しい教えという意味だろう。
  新しい教え………新生佛教と何処がどう違うのか非常に気になる(笑)
  いや、新生佛教という名称は『釈迦の説かれたえの神髄を生させる』という意味で付けられたのだか
  ら啓世会の言う新教とは、これと同じ意味かも。
  誤解の無いように言っておくが、新教と言ってもキリスト教系ではない。
  そもそも新生佛教の分派なのだから当たり前なんだが一応な。
  ちなみに、啓世会の教本には新生佛教教団に対する皮肉・嫌味と取れる記述が所々にある。
  それらはもちろん新生佛教教団の事だけを言っているのではなく、あくまで一般論であるが、新生佛教教
  団を私物化している秋本代表や役員どもにそれらを読み聞かせたら耳が痛いと思うぞ(苦笑)
  管理人は特に公私の分別という項目を読み聞かせてやりたい。
  ちなみに、この公私の分別は管理人の日記で公開しているので興味のある者は見てみると良い。
  てか、新生佛教教団は新生佛教の教義に著作権を主張するかい?
  なんかいずれそんな事を言い出しそうな気がする。
  人知で運営されているあの教団本部なら言い出しかねない(苦笑)
  てか、いずれどころかすでに著作権を主張しているのだが。
  宗教で著作権を主張するなんてバカじゃねぇのか?
  そもそも、そんなものを主張していてお前ら本当に教えを広める気があんのかよ!とツッコミ
  を入れたくなるし、お前ら本当に教義に絶対の自信を持ってんのかよ!とツッコミを入れた
  くなる。
  この事が象徴するように新生佛教教団は教義に絶対の自信を持ってなく、内部でなあなあにやりたがり教
  えを広める気が無い。
  教団自体が教義に絶対の自信を持っているようには到底見えないのに何を信じろと
  言うんだ?
  もう本当にバカかと思うんだが。
  そもそも宗教で著作権を主張すること自体が根本的におかしいという事に、いい加減に気付け。
  ちなみに、新生佛教教団は宗教で著作権なんか主張しちゃうようなアホ教団だから新生佛教という名称
  を商標登録していると管理人は予想していたのだが、調べてみたら案の定、商標登録してやがった。
  しかも国際機関である世界知的所有権機関にも登録してやがった。
  登録内容を見られるように新生佛教関連記事とリンクから閲覧できるようにしておいたから興味のある者は
  見てみると良い。
  特に出願日に注目してもらいたい。
  あの新生佛教教団の事だから商標登録するなら表記を新生仏教から新生佛教にした時、つまり何十年も
  前に出願しているはずと管理人は予想していたのだが、出願したのは、ここ数年前の啓世会が発足した後
  だ。
  その時期に出願したのは、秋本先生たちを除名した時点で新しい宗教団体を立ち上げると予想しての事だ
  ろう。
  つまり、その新しい宗教団体(啓世会)に新生佛教という名称を一切使わせない為だと思われる。
  数ヶ月という微妙な差で、たまたま啓世会が先に発足してしまっただけ。
  普通そこまでやるか?
  そこまでしなくても使わないだろ。(実際に使っていない)
  出願したのがこの時期とは魂胆が見え見えで、新生佛教教団は何て器の小さい宗教団体な
  んだ。
  器の小ささを改めて再確認した。
  どう考えても新生佛教教団は人知で運営されているよな。
  宗教で著作権は主張しちゃうわ商標登録しちゃうわで新生佛教教団ってバカだろ?
  上記の内容から要点を掴んだ者は察しがついていると思うが、著作権を主張したり商標登録しているところ
  から新生佛教教団は新生佛教を自分たちの知的財産だと考えている事がお分かり頂ける
  だろう。
  宗教が知的財産だぞ、財産。( 財産とするのは、宗教を金儲けの道具・金づると考えている良い証拠 )

  も う 本 当 に バ カ か と 思 う ん だ が 。

  そもそも宗教は特定の誰の物でもないが、仮に財産であるとするならば、それはこの世界で生きて
  いる全ての人の物のはずだが、新生佛教教団は自分たちの財産だと考えているのさ。
  だからこそ宗教で著作権は主張しちゃうし教えを広める気が無い。
  そしてその名称も商標登録してしまう。
  自分たちの財産だと考えているような器が小さ過ぎる宗教団体がいくら偉そうに能書き垂れたって、その主
  張や言い分に説得力なんて有るわけないだろ。
  そもそも器が小さ過ぎるんだから(苦笑)
  新生佛教教団は宗教は道理を学ぶものと主張しているくせに、その新生佛教教団自体が道理もヘ
  ッタクレもない宗教団体なのだ。
  つまり、新生佛教を自分たちの財産だと考えるのが新生佛教教団の主張する道理なんだとさ。
  それとも俺の考え方の方が間違っていて新生佛教は新生佛教教団の知的財産だとするのが正しい考え
  方、道理だと言うのか?
  もし『そうだ』と言うのであれば、もう何も言うまい。
  新生佛教教団は宗教を自分たちの財産だと考えているバカ丸出しのアホな宗教団体だという結論で終わ
  るだけだ。
  いや、宗教団体なんておこがましい。
  新生佛教教団は宗教団体という仮面を被った政治思想団体だ。
  さて、それではここまで読んだ新生佛教信者諸君に改めて問いたい。
  宗教は、その教えを説いた宗教団体の知的財産、所有物ですか?
  宗教で著作権を主張した時点で新生佛教は著作物、つまり所詮は創作物( 宗教
  だから妄想の産物 )であると新生佛教教団自体が認めているという解釈で宜しい
  ですね?



・ 御本尊について

  教本に『ご本尊は、希望すれば、新たに下付されますが、それぞれの宗派のご本尊やご神体でも、かまい
  ません。』 という記述があり啓世会の御本尊もあるにはあるようなのだが、新生佛教や創価学会など宗派
  を問わず何処の御本尊でも別に構わないようだ。
  本当にそれでいいのか?
  どういう考えからこうなったのか是非知りたいね。
  ちなみにウチは新生佛教の御本尊のまま。
  てか、あの新生佛教教団の事だから御本尊にも著作権だの何だのとグダグダ言いそう(苦笑)

    * 追記
    ご本尊は、諸天善神の御霊を表した画霊らしい。
    他宗教の御本尊でも構わない理由は、神佛の霊はみんな同じであるとの基本に従い、菩提寺などがあ
    ってすでに各人が現有し、祀っている御本尊があれば、その御本尊に入る御霊は同じであるからとの
    事。



・ 宗教法人格について

  2008年7月9日に文部科学省から当ホームページにアクセスがあった。
  その時の検索キーワードは『秋本頼寛』と、啓世会の秋本代表のフルネームだけだった。
  これはつまり、文部科学省が啓世会の秋本代表の事を調べている事を意味する。
  この事から考えて、どうやら啓世会は宗教法人格を取得する為の申請をした模様。
  ウィキペディアによると…。
  宗教法人の所轄庁は、その主たる事務所を所管する都道府県知事とされるが、
  他の都道府県内に境内建物を備える宗教法人
  上記の宗教法人を包括する宗教法人
  他の都道府県内にある宗教法人を包括する宗教法人
  にあっては文部科学大臣の所轄となる(宗教法人法第5条)。
  らしいから。
  宗教法人格を取得するには3年程度の活動実績が必要みたいだが、2008年6月の時点で3年経過。
  そんな訳で啓世会が宗教法人格を取得するのも時間の問題だと思われる。
  ちなみに正式名称は『新教 啓世会』になると聞いていたのだが、どうもハッキリしない。
  教本の発行所は『新教』になっていて、教本には『新教が大元の組織で啓世会はその下部組織』という印
  象を受ける書き方がされている。
  言い方を変えるなら新教と啓世会は別な組織みたいな書き方がされている。

    * 追記
    2008年10月24日に認証を受けた模様。( 宗教法人は認可ではなく認証 )
    認証を受けてから2週間以内に登記しなければならないみたいなので、10月中か11月中に晴れて宗
    教法人になったと思われる。
    いや、認証を受けた同日に登記した可能性も十分に考えられる。
    ちなみに正式名称は宗教法人 新教

    * 更に追記
    2012年7月17日に文部科学省から当ホームページにアクセスがあった。
    その時の検索キーワードは『宗教法人新教 下松』だった。
    宗教年鑑に記載されている住所と現住所は違うから、それを確認する為に調べているのかもね。



・ 本部について

  啓世会の教本である『新教』の一番最後のページに印刷した所の住所が記載されているのだが、その住
  所が京都になっているので本部は京都だと思われる。
  ちなみに、公式ホームページに掲載されている京都啓世会の住所と、教本に記載されている住所は違う。
  教本に記載されている住所が本部だと思われる。
  つまり、京都啓世会が本部というわけではない。
  管理人は京都に土地勘があるわけではないが、本部と京都啓世会は実は結構近い場所に存在するなん
  て事は十分に有り得る。
  当ホームページで本部と思われる住所を公開しても良いんだが、公式ホームページでも掲載していないの
  で一応非公開とする。

    * 追記
    宗教法人 新教としての本部は山口県下松市。
    本部の住所・電話番号は語句説明のページで紹介している。



・ 納付金について

  納付金を納めるのも困難な者もいるから500円でも1000円でも良いらしいのだが、1つの基準として一番
  安い金額は基本的には3000円らしい。



・ 啓世会と新生佛教の両方を同時に信仰するのは浮気信仰になるのか、そしてそれをお互いに認め
  るのかどうか。

  管理人の考えでは、これは浮気信仰にはならないと思う。
  啓世会も新生佛教も基本的には教義はどちらも同じような物だと思うし。
  もしお互いに認めないのであれば、それは自分たちの教義も否定しているようなものだと思う。
  啓世会は大丈夫だと思うが、あの新生佛教教団は認めないかもね。



・ 信者の段階はあるのか、そしてその奉賛員や勤番など段階の名称はそのまま使用しているのか。

  管理人の個人的な意見としては、段階は必要無いと思う。
  いくら教義で『信仰に対する心構えの資格であって地位や階級ではない』と定義されていても、やはり何だ
  かんだで地位や階級になってしまっていて、それに執着している人もいると思うのだが。
  特に指導者&役員クラス。
  啓世会には段階は無いようなのだが、先生を老師と言ったり法座を法会と言ったりして啓世会はどうも新生
  佛教と差別化を図りたいと思っている節がある。
  まあ、その気持ちも分からなくはないが(笑)



・ 新生佛教信者だった者が啓世会に入団する場合、また一番下の段階から始めるのか、奉賛員な
  ら奉賛員に相当する段階で入団出来るのかどうか。

  そもそも段階があるのかどうかハッキリとは分かっていない状況だが、それはともかく啓世会は新生佛教
  と違って入団したい者は誰でも簡単に入団出来るらしい。
  実際に管理人の親が簡単に入団した。


↑ ページ先頭へ ↑

啓世会を支持する理由

1.
 秋本代表は新生佛教の勉強をしている人ではないと聞く。
 これは有名な話で新生佛教信者なら誰でも知っている事だろう。
 こういう人が教団代表をやっているという、これがまず根本的におかしい。
 例えるなら、野球に関する何の知識や経験も無い者にプロ野球球団の監督をやらせているようなものだ。
 更に例えるなら、長嶋茂雄の子供に長嶋一茂がいる。
 長嶋一茂は野球経験ありだが、もし野球経験が無くても『長嶋茂雄の子供だから』という理由だけでプロ野
 球球団の監督にしているようなものだ。
 つまり、秋本代表はただ単に教祖の長男というだけ。
 秋本代表がどういう経緯&理由で教団代表になったのかは知らないが、これはどう考えても根本的におかし
 い。(早い話が親の七光り)
 秋本代表が新生佛教の勉強をしている人なら教祖の長男だし教団代表をやるのは道理だろうから特に文句
 は無いのだが、新生佛教の勉強をしていないとなれば話は別だ。
 道理とは人それぞれ微妙に解釈は違うかもしれないが、管理人の中では物事の正しい筋道だと解釈
 している。
 新生佛教の勉強さえしていないような人を教団代表にする事が正しい筋道か?
 道理か?
 宗教で著作権を主張する事が正しい筋道なんだな?
 道理なんだな?
 絶対に正しいはずの宗教・教団が2つに分裂する事が正しい筋道なんだな?
 道理なんだな?
 2つに分裂した時点で、その宗教・教団は正しくないと自ら証明しているじゃねぇか!
 もう本当にバカかと思うんだが。
 そんな人が人知で運営しているからこそ、新生佛教は分派なんか出来て今こうしてガタガタしているのだ。
 そんなガタガタしている教団の何を信じれば良いのか、そしてそんなガタガタしている教団に帰依する気にな
 るのかという事。
 前にウチのホームページに、管理人と同じ事を指摘していた信者が現れた。(過去ログ掲示板にまだ残って
 いるはず)
 その信者は挨拶も無しに言いたい放題ほざいていた礼儀知らずのバカだったのでサクッと無視してやった
 が、だが指摘している事は正しい。
 いや、ちゃんと普通に思考回路が働いている者なら、これらの事は誰でも疑問を感じて当然なのだ。
 これらの事で疑問を感じない者は、宗教を熱心に信仰するあまり周りが見えておらず物事
 を客観的に見れなくなっているバカか、秋本代表の取り巻きくらいだろ。
 もしくは、疑問は感じていても長い物には巻かれろの根性丸出しのクズ野郎か、新
 生佛教教団を批判したり退団すると罰が当たるとか強迫観念に駆られている単な
 るバカか。
 そもそも元を正せば、ガタガタし始めたのは怪文書が出回ってからだ。
 いや、怪文書と言うのは新生佛教側からの言い方であって、第三者的立場から言えば早い話が内部告
 発文書・暴露文書だと思われる。
 管理人はその怪文書の具体的な内容を未だに良く知らない。
 だが色んな人に少しずつ聞いた話をまとめれば、おおよその見当は付く。
 その怪文書の内容や噂になっている事だが、事実だと思われる。
 事実だからこそ先生方や信者たちが呆れ返って大量に辞めたのだ。
 つまり、先生方や信者たちが大量に辞めた事が真実を物語っている。
 この際、怪文書の内容や噂になっている事が事実であろうとなかろうと、そんな事はどうでもいい。
 管理人にとって一番重要なのは教団自体がガタガタしている事なのだ。
 仏教には『三宝』と呼ばれるものがあり、『三宝に帰依する』なんて良く言う。
 三宝とは仏・法・僧の事だが、その1つである教団がガタガタしていて帰依する気になれないのに、三宝に帰
 依するもヘッタクレもない。
 三宝に帰依してこその仏教だ。
 管理人の言っている事、何か間違っているか?
 いくら教義は良くても、それを運営している本部がダメだったらダメなんだよ。
 ここから先の話はあくまで管理人の予想なのだが、たぶん秋本先生は怪文書の内容の事で秋本代表とやり
 あったのだろう。
 秋本先生が怪文書に書かれているような事を全く知らなかったとは考えにくい。
 つまり、秋本代表には逆らえないから今まで見て見ぬふりをしていた、早い話が黙認していたと考えられる。
 しかし、怪文書が出回った事により明るみになって大騒ぎになった事で意を決して秋本代表とやりあったと考
 えるのが自然だろう。
 もしくは、その怪文書を書いた・出回らせるように先導・指示したのが除名された秋本先生や高尾先生などと
 も考えられる。
 除名されるからにはそれ相応の理由があるはずで、後者の可能性が高いと思われる。
 まあどちらにしても、秋本代表と秋本先生の兄弟喧嘩と言ってしまえばそれまでかもしれないが、秋本先生
 は秋本代表の意向に沿わないから厄介者として除名されたと管理人は思っている。
 つまり秋本先生は、怪文書の内容や噂になっている事が事実なのだとすれば、ちゃんと普通に思考回路が
 働いている者なら誰もが考える正当な正しい主張をしたはずだ。
 そう考えれば、どちらを信じるか、そしてどちらを信仰するかは言わなくても己ずと決まって来る。
 いつだったか忘れたが秋本先生と高尾先生の2人が除名された訳だが、教団本部はこの2人の先生方を除
 名した詳しい理由も説明しなければ質問も一切受け付けずに口を噤んでいる。
 もし仮にこの2人の先生方が教団の金を使い込んだなど何か不祥事を起こしたのだとしても別に隠す事では
 ない。
 隠さなければならないのは教団本部の方に何か都合の悪い事があるからだ。
 上記のように管理人の予想通りなら教団本部のこういう対応も頷ける。
 もし何もやましい事が無いなら『この2人の先生方を除名した理由を言ってみろ!』と秋本代表を小1時間ほ
 ど問い詰めたい。
 そもそも隠し事なんかする教団の何処をどう信じたら良いんだ?
 新生佛教教団も所詮はその辺の組織と同じように隠ぺい体質って事だろうが!
 これを『人知で運営されている』と言わずして何と言うんだ?
 それとも新生佛教教団が隠ぺい体質なのは神佛の御意趣だからとでも言うつもりか?(苦笑)
 こんな教団に何の疑問も感じずに未だに残っている信者たちを見てると、もう本当にバカかと思うんだが。
 そして最後に付け加えて言っておこう。
 新生佛教教団自体が秋本代表派という1つの派閥であると。
 新生佛教教団本部に今現在いる先生方は、秋本代表には逆らえない、秋本代表の言う事は何でもホイホイ
 聞くような秋本代表の取り巻きと考えて良いだろう。
 もちろん、今現在いる本部の先生でも秋本代表とか教団とか関係なく純粋に新生佛教を信じていて本部に
 残ってる先生もいるだろうから本部の先生方全員が秋本代表の取り巻きとは言えない。
 だが、本部の先生方のほとんどは秋本代表の取り巻きと見て良い。
 何故なら、物事の善し悪しをちゃんと判断出来て考えられる者なら自らの意思で辞めて行った他の先生方や
 信者たちと同様に、すでに辞めているだろうからね。
 これは逆に言えば、啓世会の信者は物事の善し悪しをちゃんと判断出来て考えられる者たちと言える。
 現に管理人は、啓世会の信者は良い人たちばかりと聞いている。
 派閥を作るなという御遷主様の説法があるにも関わらず、もう本当にバカかと思うんだが。
 まあとにかく、怪文書の内容や噂になっている事が事実なのだとすれば、間違った事をやっている者を注意
 も出来ない、指摘も出来ないような、とてもまともな思考回路が働いているとは思えない者たちに一体何を教
 われば良いのかという事。
 新生佛教信者はどうも分かっていないようだから、もう1つ付け加えて言っておこう。
 お前ら新生佛教信者が今やるべき事は、新生佛教教団を私物化して2つに分裂させ信者を
 混乱に陥れている秋本代表や役員どもの責任を追及し、新生佛教をまた1つに戻
 す事だろうが!
 お前ら新生佛教信者が行動を起こさなければ、いつまで経っても現状は何も変わらないんだぞ。
 そもそも分派なんか存在する宗教に何の疑問も感じないのか?
 2つに分裂してガタガタしている今の状況を非常にみっともないと思わないのか?
 その宗教・教団が本当に正しいものであれば分派なんか出来るわけないだろ!
 2つに分裂すること自体が根本的におかしいという事に、いい加減に気付け。
 そんなお前ら新生佛教信者が教えの正しさ・良さをいくら力説しようとも何の説得力もありゃしない(苦笑)
 ちなみに、秋本代表や新生佛教教団に何か意見でも言おうものなら除名通知を送り付けられるだけなので、
 もし何か行動を起こすなら新生佛教を辞める覚悟でやる事だな。
 まあ、もし新生佛教を除名になっても啓世会があるし何の問題も無い。
 てか、むしろ啓世会に移って当然なのだが。
 今現在、新生佛教を辞めようと考えている者もいるはずだが、どうせ辞めるなら秋本代表や役員どもにガツン
 と一言かましてやれ。
 教団を私物化するんじゃねぇよ!ってな。
 そもそも良く考えてもみろ。
 新生佛教は御神示を頂いて物事を実行するんじゃないのか?
 除名された者たちが御神示を頂いた上で除名されたと思うか?
 ただ単に気に入らない者を片っ端から人知で除名しているだけじゃねぇか!
 これを人知・自我・私利私欲に走って教団を私物化していると言わずして何と言うんだ?
 まあ、洗脳されて思考回路が停止しているお前ら新生佛教のバカ信者は何とも思わないんだろうけどな。
 物事を客観的に見れる者なら、どう見ても教団を私物化しているようにしか見えん。
 新生佛教信者は、こんな簡単に分かる事さえ全く分かっていない。
 洗脳って本当に怖いよな。
 この場で改めてハッキリ言っておくが、秋本代表や役員どもは間違い無く教団を私物化して
 いる。
 つまり早い話が、新生佛教教団をダメにしているのは教祖の身内自身(苦笑)であり、せっ
 かく御遷主様が良い教えを説いても教団自体がこの有り様では御遷主様もさぞお嘆きの事だろう。
 前に当ホームページに秋本家のおごりと言っていた信者が現われたのだが、これは全くその通りであ
 る。
 そんなおごりがあるからこそ新生佛教の勉強さえしていないような人を平然と教団代表になんてしちゃうの
 さ。
 こういう人を教団代表にした事が教団を私物化している良い証拠だという事に、いい加減に気付け。
 もう本当にバカかと思うんだが。
 まあいずれにせよ、分派なんか存在する教団がまともな訳ない。


2.
 管理人は、自分で言うのもなんだがハッキリ言って勉強不足である。
 そんな勉強不足である管理人の素朴な疑問やツッコミにさえ新生佛教信者はまともに答えられない。
 つまり管理人は、新生佛教信者はレベルが低いと思っている。
 管理人が率直に感じるのは、新生佛教信者は上辺だけしか勉強しておらず根本的な事が分かっていないと
 いう印象を受ける。
 だからこそ誰もが納得するような説明が出来ない。
 つまり早い話が、新生佛教信者は、その辺のカルト宗教に洗脳されているバカどもと
 同レベル、何ら変わらんと管理人は本気で思っている。
 まあ、管理人はまだ啓世会の道場に行った事がなく質問をした事がないので、啓世会の信者はレベルが高
 いのかどうかまだ分からないが。
 尚、管理人がなぜ新生佛教信者はレベルが低いと思っているのか、その具体的な話はまた別の機会に触
 れたいと思う。


3.
 気が向いた時に書く。


4.
 気が向いた時に書く。


5.
 管理人の単なる興味本位(笑)


まとめ.
 まだ理由を全て書いていないので早いのだが、少しだけ書いておこう。
 つまり早い話が、管理人は新生佛教の教義自体は基本的に好きなのだが、それを運営している教団本部の
 運営方針、そして教団本部&信者たちの言動が気に入らないのだ。
 明らかに教義との矛盾を感じてならない。
 まあ所詮、教団本部は人知で運営されているのだから矛盾を感じて当然と言えば当然なのだが。
 そして信者は、そんな教団本部の風潮・意向・考え方などに洗脳されているので、そんな信者たちの言動に
 も矛盾を感じて当然と言えば当然なのだが。
 これはいつも言っている事だが、三宝に帰依する事と冷静な思考能力を捨てる事は違う。
 何でもかんでも熱心に信じ切れば良いというものではない。
 宗教を信仰する事によって冷静な思考能力を失うようなバカは宗教なんか信仰するな。
 周りが迷惑するだけだ。
 オカシイものもオカシイと感じなくなる、言えなくなるくらいならハナから宗教なんか
 信仰するんじゃねぇよ!
 こういうバカがカルト宗教などにハマって財産を失ったり、教義によっては反社会的な行動に走ったり、霊感
 商法なんてくだらないものに引っ掛かるのだ。
 これはいつも言っている事だが、一般人が宗教に偏見を持つ1番の理由は、宗教の教義云々もあるがそれ
 以前に、こういう宗教を熱心に信仰するあまり周りが見えなくなっている宗教バカの言
 動そのものが一般人に宗教に対する偏見を与えているという事に、いい加減に気付け。
 教義云々以前の問題だと。
 例えば、創価学会は世間一般で嫌われているが、創価学会を嫌っている者・批判している者全員が全員、
 創価学会の教義を隅から隅まで完璧に把握していると思うか?
 もちろん教義を良く熟知した上で批判している者も大勢いるが、一般人には教義なんて関係無い。
 いや、関係無いなんて言うと語弊があるが、創価学会員にしつこく勧誘されたとか迷惑を掛けられたなど
 段の言動が問題なのであって、教義なんて二の次なんだよ。
 管理人が宗教なんて実にくだらないと思うようになったのも新生佛教の教義なんて関係無い。
 道理もヘッタクレも無い新生佛教教団のあまりのバカさ加減が問題なのだ。
 新生佛教教団みたいなカルト教団だけで宗教を判断するな!とお叱りを受けそうな気も
 するが、新生佛教教団の事はキッカケに過ぎない。
 と言うか、原因は新生佛教教団だけではない。


↑ ページ先頭へ ↑